IR情報トップページ

MANAGEMENT

経営情報

株主・投資家の皆様へ

株式会社 ナルミヤ・インターナショナル 代表取締役執行役員社長 石井 稔晃
株式会社 ナルミヤ・インターナショナル 代表取締役執行役員社長 石井 稔晃

夢は世代を超えて…
ナルミヤ・インターナショナルは
新しいステージに挑戦します。

トップインタビュー
株式会社 ナルミヤ・インターナショナル
代表取締役執行役員社長 石井 稔晃

ナルミヤ・インターナショナルは、2018年9月6日の東京証券取引所市場第2部の上場からちょうど1年が経過し、2019年9月6日に東京証券取引所市場第1部名銘柄への指定を受けました。

まずは、東証1部指定銘柄企業になった思いや目的についてお話ください。

当社株式は,2019年9月6日に東京証券取引所市場第二部から同取引所市場第一部銘柄に指定されました。これもひとえに、株主の皆様、お取引先様をはじめとして、多くの関係者の皆様からのご支援の賜物であると心より感謝申し上げます。
2010年のジャスダック上場廃止以降、経営体制も一新し確実に成長を続けてまいりました。東証1部上場企業として、今まで以上にガバナンスコードを遵守し、安心・安全な商品開発を徹底していきます。そして、国内のビジネスにとどまることなく、グローバルに私たちの出番を創造して参ります。
そして、より多くの方々に株式を保有していただき、株式の流動性を高め、また、会社の知名度や信頼を高め、人材の確保や社員の士気向上に努めてまいります。

お客様・お取引様・社員一同が満足できる会社を目指し、精進していきますのでこれまで同様のご支援を賜りますようお願いいたします。

子ども服市場は少子化の影響等により若干減少傾向にありますが、ナルミヤは順調に業績を伸ばしてきました。
あらためてナルミヤの特徴や強みについて教えてください。

百貨店、ショッピングセンター(以下、SC)、eコマース(以下、EC)といったバランスの良い販売チャネル展開に加えて、それぞれのチャネルにあった数多くのブランドを保有しているところが他に類を見ない最大の特徴と言えます。すなわち、ベビーからジュニア(0歳から15歳)までの幅広い年齢層や価格帯をカバーしており、それによって、ロングセラーのブランドだけでなく、その時々の市場の動きを捉えたブランドを、タイミングよく最適なチャネルに配置していくことが可能になっております。
特に、私が2010年に社長に就任してからは、SCブランドを中心として高い成長を実現してまいりました。また、ECについても、業界の中では高いEC化率を誇っております。

今後の成長戦略について教えてください。

引き続き、SCへの新規出店とECの拡大が成長の軸となります。SCは毎年20店舗程度を出店していく計画でありますが、当社がターゲットとする国内SCは1,200館を超えており、出店余地は十分にございます。ECについては、利便性の向上に加え、データ活用によるマーケティングの強化などにも取り組んでまいります。また、百貨店についても新規ブランドの投入などにより活性化を図っていく方針であります。

なお、新たな取り組みとして、2019年3月29日に小中学生の男児向けアパレルブランドを保有する株式会社ハートフィールを連結子会社化いたしました。男児向けブランドの育成は経営課題のひとつでありました。そこで、現在も男児向けブランドとして人気が高く、お客様からも評価の高いブランドであるGLAZOS(グラソス)を保有するハートフィール社の買収を決断した次第であります。今後は我々のナルミヤオンライン(自社ECサイト)や自店舗でのプロモーションを増やすなど、連携を図ることで更なる事業拡大を目指してまいります。

国内では少子化・人口減少は避けられない現実であり、一般的には厳しい事業環境であると言われておりますが、当社にとってはシェアを上昇させることができるチャンスであると考えております。
つまり子供服業界が直面する厳しい事業環境であるからこそ、的確なマーケティングで他社が撤退したフィールドに参入したり、M&Aによって新たなブランドを獲得したりすることで成長を追求できるものと考えております。
そのためには、これまでに培ってきたノウハウを集約していくことで当社の強みを更に磨き上げ、SC、ECを中心に基本的な事業をしっかりと成長させることが必要だと思います。

海外への進出や新規事業についてはいかがですか。

市場規模の大きな中国市場への進出にチャレンジしたいと思います。そのための第一歩として、2018年8月からパートナー企業の協力を得て中国最大のECモール(T-mall)へ出店いたしました。スタートして数か月後の11月には、子ども服カテゴリーの人気ランキングにおいて、すでに上位10%以内に入っておりました。引き続き、当社商品の認知度を高め、中国の子供服市場に適した商品企画などの市場調査を行いながら、より本格的な進出に向けて準備を進めてまいります。
また、新規事業については、当社製品などを着用して撮影するハウススタジオ事業(LOVST BY NARUMIYA)を立ち上げました。当社は「子供」をキーワードに様々なフィールドで活躍する「キッズライフスタイル企業」へと成長していくことを目指してまいります。

代表取締役執行役員社長 石井 稔晃