IR情報トップページ

STOCK INFORMATION

株式について

株主優待・配当

株主優待

当社株式への投資魅力を高め、長期的に保有していただけるような株主優待を検討中であります。

配当

当社は株主への利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しており、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定的な配当を行ってまいります。配当性向としては、30%(注)を目安に考えております。また、当社は、株主に対する柔軟な利益還元を可能にするため、取締役会の決議により毎年8月31日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めておりますが、事業年度を通しての公平な配当の実施及び健全な財務基盤の確立のため、当面は期末配当のみを行ってまいります。

内部留保資金については、経営基盤の強化に向けた諸施策の実施のための積極的な投資等の原資として充当してまいります。

(注)
  • 1.平成31年2月期にかかる期末配当における配当性向の考え方につきましては、以下のとおりであります。

    ①平成30年6月の中間配当分はこの配当性向の適用対象に含めません。

    ②第1四半期に計上した抱合せ株式消滅差益(特別利益)を控除した利益額を基にして30%の配当性向を適用する予定であります。

  • 2.平成31年2月期の中間配当の詳細は以下のとおりであります。
    平成30年6月29日開催の取締役会での決議を経て469百万円(普通株式1株につき1,465円)の中間配当を実施いたしましたが、30分割前の株数により算出しております。当該株式分割にかかる取締役会決議の開催日は平成30年6月8日で、効力発生日は同月29日でありますが、同日に開催された臨時株主総会での定款変更の承認決議を条件とするものであります。当該中間配当は、平成30年6月29日の臨時取締役会決議によるものであり、配当の基準日も同日であります。ただし、定款変更の承認決議が行われた臨時株主総会より前に開催されているため、実績としての当該中間配当にかかる1株当たり配当額は30分割前の1,465円を記載しております。