PERSONS

先輩社員紹介

メゾ ピアノ ジュニア
コーディネーター

升川 亜希

2004年入社

店舗と本社の架け橋になるような仕事
みんながもっと楽しく接客できるような
環境を作っていきたい。

どのような大学生活、就職活動をしていましたか?

学生時代には旅部に入って旅人になっていましたね。アルバイトでお金を貯めて日本国内を旅していました。当時はものすごくアパレルの仕事に興味があったわけではなかったので、アパレルでのアルバイトはしていませんでした。
ただファッションに興味があり、お買い物をすることも好きでした。

就職活動では最初は証券会社に内定を貰っていたんですが、いろいろ考えた結果そこは辞退をし、卒業後にアルバイトからアパレルの経験をスタートさせました。

ナルミヤを志望した理由、入社の決め手となったことは何ですか?

きっかけは求人広告を見たことでした。ナルミヤのブランドのことはもちろん知っていました。大人のお友達でも割と好きな子が多くて実際に「メゾ ピアノ ジュニア」の服を着ていたんです。それを見て可愛いと思っていましたが、一緒にお買い物に行った時に、あらためて「可愛い」って思いました。なので、入社の決め手は商品が可愛いということでした。

お仕事内容を教えてください。

私は店舗で「メゾ ピアノ ジュニア」をずっと担当していました。そして仕事を続ける中で、コーディネーターの仕事をやってみたいなという気持ちになりました。3年前に関西から名古屋に転勤しているのですが、当時、関西のコーディネーターとは仲良くさせてもらっていて、一緒に商品の組み合わせを考えたりしていました。名古屋への転勤は、やはり仕事での更なるステップアップのためというのが大きな理由です。

今の仕事で難しいことは、店舗ごとに個性があるので、地域やお客さまの層に合わせて「メゾ ピアノ ジュニア」の可愛らしさが伝わるようなディスプレイを組むことです。例えば、おしゃれ過ぎると普段着の需要が高い店舗には合わないかな?とか。ブランドのメインビジュアルとして、見せるものはしっかり見せますが、実際に学校に着ていくものや、普段使いにできるものをメインで演出しておかないと、なかなかお買い上げにつながらなかったりします。あとは、まとめて購入される方が多い店舗では、一つの棚でできるだけ多くコーディネートするように考えています。

仕事をする上で必要なマインドやスキルを教えてください。

コミュニケーション力、観察力、ヒアリング力が必要です。あとはもちろん笑顔も大事です。客観的に店舗や売場のコーディネート、スタッフのことを見ることも重要です。店舗のスタッフたちが可愛いので、ついつい甘くなってしまいそうになるのですが、そこはプロとして外から見てどうか、ということを考えなくてはいけないですし、自分自身のことも客観的に見れなくてはダメだと思っています。

店舗スタッフとコミュニケーションをしっかりとって、店舗の状況を把握しなければいけないと思っています。あとは、商品に関しても何を聞かれても大丈夫なくらいに分かっていなければいけません。「メゾ ピアノ ジュニア」はコーディネートの組み合わせが難しい商品も多いので、スタッフから「コーディネートに困っています」と言われた時に、最低3つ4つは提案できるようにしています。新商品が出た時も、すぐにコーディネートを組めないとダメです。そういうところからスタッフの信頼関係を得て、もっと店舗でお客さまからの情報を引き出してもらえるように心掛けています。

あと、コーディネーターというと現場の仕事がメインだと思われるのですが、人事スタッフと仕事をすることも多いです。例えば、新卒社員の集合研修のトレーニングに講師として参加したりしています。店舗と本社の架け橋になるような仕事なので、店舗と本社の両方で働いていますね。

升川亜希の1日

  • 10:00出社
  • 10:05売上・商品動向・各店情報確認
  • 10:401店舗目 店頭メンテナンス及び接客・店舗スタッフとの店舗状況確認、指導
  • 13:50休憩
  • 14:50移動・担当店とメールや電話での店頭メンテナンス状況確認
  • 16:002店舗目 店頭メンテナンス及び接客・店舗スタッフとの店頭状況確認、指導
  • 19:00退社

仕事のやりがいや魅力を教えてください。

店舗スタッフの仲が良くて、デザイナーとの距離も近いですね。デザイナーが店舗を回ることもあるので、その時は直接意見が言いやすいです。自分が思っていることを商品に反映してもらいやすい環境だと思います。実際に週報を通じてお客さまの動向や要望をブランド別に書いたものがMD会議に反映されていて、現場の意見を元に商品化したものがこれまでにたくさんあります。
その商品が店頭に並び、お客さまから「これを待ってた」と言ってもらえることが嬉しいです。そういう商品が入った時は特に気合いを入れて、お客さまの要望に合わせたコーディネートを考えます。
自分でイベントを企画して提案をすることもありますが、承認をいただけることも多く、企画したイベントを通じて新規の顧客を作ることができます。自ら積極的に動けば、自分のやりたい方向に向かって仕事ができると思っています。

ワークライフバランスについて教えてください。

本社と店舗のスケジュールを確認して1ヶ月前に翌月のシフトを作成します。土日休みの時もありますが、基本的には店舗に出勤します。土日はやっぱり小学生のお客さまが多いですから。
平日休みは、お買い物に行くとだいたいどこも空いているので好きです。結局仕事に繋がってしまいますが、お休みの日も店舗に行ってスタッフと話をして何が売れているか教えてもらったりします。プライベートでもそんな風に仕事のことを考えてしまったりしますが、元々買い物は好きなのでこればっかりはしょうがないですね。

仕事上での感動したエピソードを教えてください。

今までレインコートは作っていませんでしたが、毎年需要がありました。そのことを本部に伝えて、今年初めて商品を作ってもらったんですが、それが店頭で好評なのが嬉しいです。あとはデザイン面でも、「こういうワンピースが欲しい」といったイメージで意見を伝えても、ちゃんと意図を汲んでくれて「学校で着られるようなワンピース」や「お出かけ用のフォーマルなワンピース」といったものを作ってくれます。私の頭にあったものが商品化されると本当に感動します。

あとは店舗でお客さまから、「思い出の写真はいつもあなたに選んでいただいたメゾ ピアノ ジュニアのお洋服を着て映ってる」と言っていただいた時は、嬉しかったですね。今の立場では一つの店舗に長く入るということはできないのですが、その分店舗スタッフが経験したことをたくさん教えてもらえるので、嬉しさが2倍3倍になっていきます。

今後のキャリアプランや、チャレンジしたいことについて教えてください。

今の仕事に関して私自身がまだ満足ができていないので、それをしっかりと突き詰めたいです。私の思っている「メゾ ピアノ ジュニア」のコーディネーターの仕事がもっとできればいいなと思います。まだまだお客さまの意見は聞けていないし、各店舗のスタッフにブランドの良いところをもっと説明していきたいです。まだスタッフたちが「メゾ ピアノ ジュニア」の魅力をお客さまに伝えきれていないところもあると思うので、みんなが楽しく接客できるような環境を作っていきたいです。

ナルミヤを目指す方にメッセージをお願いします。

一つだけでもいいので、好きなことがある人が良いですね。例えば、今はアイドルが好きなスタッフが多いのですが、ナルミヤでは、それが仕事で役に立ちます。お客さまは小学生の女の子が多いので、アイドル好きなスタッフが接客をすれば自然と話が盛り上がります。キャラクターやアニメ、有名人など、どんなジャンルでも良いです。もちろん、ファッションや流行していることに敏感な人も良いですね。接客は、お洋服の話をするだけでなく、何気ない世間話がきっかけになることも多いので、自分の好きなことを楽しく話せる人が魅力的ですね。
あと、お子さまと接するので他の業種よりも楽しく販売ができると思います。

私はアパレルの経験はありませんでしたが、商品が可愛いのであまり心配していませんでした。もともと可愛いものが好きなので、抵抗もありませんでした。最初は接客が難しかったですが、お子さまと話す機会が多かったのでそれをきっかけに、わりとすんなり大人のお客さまとお話できるようになりました。働く上で大事なことは、商品が好きなこととお客さまとどれだけ話ができるかだと思っています。興味のある方はぜひお店をのぞいてみていただきたいです。新しいメンバーと出会えることを楽しみにしています。