先輩インタビュー

HOME > 先輩インタビュー
スタッフインタビュー 大沢菜月

大沢 菜月

○配属先:petit main
     マークイズみなとみらい店
○役職:店長
○入社年度:2012年

店長の仕事とは?

接客はもちろん、予算と在庫の管理が店長の重要な仕事です。一日は、まず前日の売上を確認することから始まります。在庫に関しては、足りない商品を事前に他店舗から移動してもらうなど、売れ筋アイテムの見極めが大事です。また、新作がほぼ毎日納品されてくるので、ディスプレイする位置や飾り方を含め、いち早くお客様に提案する必要があります。私も先輩を見習って勉強中ですが、店長の仕事は、常にスピーディな判断と、先の先を見通す感覚が問われます。
職場の雰囲気づくりも大事ですね。そこで、スタッフ同士で必ず「ありがとう」の言葉を絶やさないよう心がけています。自然と笑顔になるので、お店が楽しい雰囲気になり、お客様の笑顔にもつながると信じています。お客様からの笑顔や感謝は、何よりも私のやりがいです。特に、お子さまから手紙をもらった時は感動しました。将来は、よりたくさんの方を笑顔にするために、地域を統括するエリアマネージャーになりたいと考えています。

仕事とプライベートは両立できていますか?

月に8日しっかり休みを取れています。販売の仕事をしている友人が多いので一緒にランチへ出掛けたり、趣味の映画鑑賞をしています。スタッフ同士の仲も親密で、仕事帰りに食事をすることや、セールなどの山場を終えた後に全員でお疲れ会を開くこともあります。

メッセージ

スタッフとお客様の距離が近く、家族のような暖かい関係を築けるのがナルミヤの特長です。
私が就活をしていた時も、これが入社の決め手になりました。お洋服か、お子さまのどちらかが大好きな人にとって、本当にいい環境です。「誰かのために仕事をしたい」と思う方に、ぜひ来て欲しいです。

このページの先頭に戻る