先輩社員紹介一覧に戻る

PERSONS

先輩社員紹介

ラブトキシック
ショップスタッフ

田中 碧衣

2018年入社

お客さまとの距離が近く感じられるのが
この仕事の大きな魅力だと思います。

どのような大学生活、就職活動をしていましたか?

アパレルに就職したいと思って何社か受けていました。大学1年生の時にとあるアパレルショップでアルバイトをしていました。野球部のマネージャーをしていたこともあってシフトに制限があったんです。その結果、店長に「部活とアルバイトの両立は、難しいですよ」と言われてしまい、アルバイトはもう少しゆとりができた3年生になってからもう一度始めようと思い学業に専念しました。そんな時、大学で勉強している幼児教育のことも活かすことができて、就職にも繋がると考えたら「子ども服だ」、と思い「ラブトキシック」のアルバイトを選びました。
平日は授業が午前中で終わる日に、主婦のスタッフが帰った後の16時か17時くらいから出勤し、終業まで働いていました。平均週3日くらいのシフトで働いていましたが、土日や繁忙期はほとんど出勤していました。
大学では制作物やレポートも多く、加えて実習もあったので学業との両立はなかなか大変でした。でも、実習の時は店長が考慮してくれて、1ヶ月間お休みをいただいたりしました。レポートを作成しなければならない時は、パソコンを店舗に持っていきストック(店舗の裏側)で作業したりもしました。卒論もストックで書きましたね。もともと店長が同じ学校のご出身で、私の学業のことを理解してくださったので、とても働きやすい環境でアルバイトをさせていただきました。

ナルミヤを志望した理由、入社の決め手となったことは何ですか?

ナルミヤのお洋服は、小さい頃に親戚からプレゼントされて着ていました。そこからお洋服にだんだん興味を持ち始めて、小学校5,6年生の時に「ラブトキシック」がデビューし、読んでいた雑誌のニコラから影響を受けて「ラブトキシック」を着るようになりました。大学生になって幼児教育について勉強しましたが、お洋服も子どもも大好きだったので、「幼い頃の思い出に残るお洋服はナルミヤだ」ということに行き着き、まずはアルバイトに応募することにしました。大学3年生の時に自宅の近くに「ラブトキシック」がオープンし、その時にオープニングスタッフとしてアルバイトで入社したことが始まりです。

入社してからの経歴を教えてください。

アルバイトで働きながら大学3年生の3月に新卒採用に応募して大学4年生の5月末に内定をいただき、そのまま同じ店舗で、今度は内定者アルバイトという形で入社まで働いていました。オープニングスタッフとしてお店作りから関わっていたので、その活躍を評価してもらった結果、事業部長からぜひ同じ店舗で活躍してほしいというオファーをいただき、入社前研修を受けて、4月頭から正社員として再度同じ店舗に配属することになりました。
アルバイトの時とお客さまとの接し方は変わりませんが、正社員としてフルタイムで毎日働いていると見えるものや感じるものが違うと改めて感じます。店舗内での責任感も以前より増しました。また、教えていただく仕事も以前より増え、勉強になると同時に、充実感をとても感じています。

仕事のやりがいや魅力を教えてください。

一番のやりがいは、私に会いに来てくれるお客さまがいることです。私自身、人と話すことがとても好きで、アルバイトで週2、3日しか店舗にいなかった時も私にお客さまが付き始めて、会いに来てくれる方が日に日に増えていくことが本当に嬉しかったです。おしゃべりをしに来てくれるだけでも嬉しいですし、お洋服を一緒にコーディネートできるともっと嬉しいです。アルバイトから遡ると入社して2年半くらい経ちますが、今まで辞めようと思ったことは一度もありません。

お客さまとの距離が近く感じられるのは、この仕事のとても大きな魅力だと思います。ちょっと人見知りのお子さまやあまり話さないお子さまもいたりしますが、お洋服を通じて徐々に自分のお話をしてくれるようになるんです。そうすると、お母さまもお子さまも一緒になって私に最近の出来事や好みについて、たくさんのことを教えてくれるようになりました。そこでは直接お客さまの笑顔を見ることができるのは魅力の一つですね。

あとは、キャリアアップして活躍している先輩がたくさんいらっしゃることで、私たちが目指す姿がはっきり見えていてとても素敵だなと思います。現場では、年齢を問わずスタッフ間でのコミュニケーションを大切にしていて、いつでもお客さまに明るく接することができるよう店舗の雰囲気作りをしていることは本当に素晴らしいと思います。

田中碧衣の1日(遅番)

  • 12:10出社
  • 12:20前日の売上確認、予算の確認
  • 12:30接客・販売、予約・お取り寄せの入荷TEL
  • 14:00昼食
  • 15:00接客・販売再開、納品処理、新作を店頭にレイアウト、店内のディスプレイチェンジ
  • 16:00接客・販売、備品補充
  • 18:00午後30分休憩
  • 20:30レジ締め、本社への売上報告、日報の記入
  • 21:10退社、レジ金銭売上を事務所へ入金

ワークライフバランスについて教えてください。

アルバイトから正社員になって、最初は仕事に慣れずにいましたが、1ヶ月程経つと普段通りお買い物に行ったり、好きな野球観戦をしてリラックスできるようになりました。平日休みが中心なので、最初は友人ともなかなか予定が合わず苦労しましたが、これも1ヶ月くらいですぐに慣れ、今は平日休みを楽しんでいます。

仕事上での感動したエピソードを教えてください。

最近では、8歳と6歳と4歳の3姉妹のお子さまが私に会いに来てくれるようになりました。名前を聞かれた時に「田中碧衣です」と伝えると、「あおいお姉さんみたいになりたい」と言ってくれてとても嬉しかったです。お母さまもとても素敵な方で、「家に帰ってもお姉さんの話をずっとしていて、お父さんはお留守番してもらって子どもたちと会いに来ちゃった」と来店していただいた際に伝えてくれました。
他にも中学生になってブランドを卒業したお子さまたちも私に顔を見せに来てくれたり、驚かせに来てくれたりします。そういう子どもたちに会うために、いつも頑張ろうという気持ちになります。

今後のキャリアプランや、チャレンジしたいことについて教えてください。

長く接客の仕事に携わっていますが、まだ私が知らないことや経験したことのないことがたくさんあります。そこで的確な状況判断と、臨機応変に対応する力がもっと必要だと感じています。店長は自分の一番近くにいる目標なので、まずは店長を目指して努力して、キャリアアップをしていきたいです。

ナルミヤを目指す方にメッセージをお願いします。

接客業は第一印象が重要です。歩いている時や、レジ打ちをしている時などでも、自然に笑顔が作れて、お客さまに明るく話しかけられるような方と一緒にお仕事がしたいと思います。